ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ノート2冊
 ノートの書き方が少し変わってきている。
 これ、といった理由はないけれど強いて言えば気持ちがいいから。気持ちがいいことに弱いのは死ぬまで変わらないと思う。今は、この書き方が気持ちいい。できるだけ丁寧に書くように心がける。

 発端は日記のようなものをつけはじめたとことにある。大学ノート、日記帳、手帳、インデックスカード……。さまざまな形状に挑戦し、やっと手帳大のノートに落ち着いたけれど、約2年の間、天気と食事内容だけは最低でも書き続けてきた。できるだけ感じたこと、考えたこと、気づいたことを羅列。少ないときにはたったの数行である日もあるが、とりあえず自分なりに丁寧な文字を書き続けてきた。

 ノートに思いを書く。この7年間ほとんど毎日続けてきたことだが、これは怒鳴っているようなものであることが多かった。自分の思いをノートに叩きつける。脳みそと心地よい程度にリンクをしたスピードで書くとどうしても文字は汚くなってしまい、誰かに拾われても解読不能といったセキュリティー上の利点もある。そのスピード感は解放感とつながり快感でもある。一方、昔のノートを引きずり出して来た時に、自分ですら何を書いてあるのやらわからないときもある。よくある。叫びであるので、叫び終わった後、心は平安となり部屋のどこかにあるはずのノートがなかなか見つからない。書くことで完結をしてしまっているのだ。終わったことを振り向かない性格のせいか、ただ「(どこかに)ある」という安心感だけで生きているようなところがある。少し前まで、ノートは記録をする媒体ではなく単なる叫びの場に過ぎなかった。そこに会話の成立する余地は微塵もない。まことに一方的な、自分にとってだけ好都合な場所であるだけだった。

 ところが、丁寧に書くことを心がけるようになってからは「対話をしている」という実感がともなうようになっていた。別に意識していたのではないけれど、書きながら「ん、なんか感じが違うなー」とは思っていた。心のどこかにそのことが引っかかっていたのだろう。と、ある日浮かび上がってきた言葉が対話だった。
「おい、そんなにかたく考えなくていいんじゃないかい」
「そ、だな。ま、軽く流しちゃうか」
 これまで一人で走り続け、息切れをしたりしていたが、たまにカウンターに腰を下ろし2,3人で会話をする機会が少しずつ増えてきている。

 対話というのは書くということだけではなく、音楽、絵画、舞踏……すべての表現手段―時に芸術と呼ばれる―にあてはまるのではないか?なんて遅まきながら考えている。ギターと、ドラムと、絵筆と、キャンバスと対話をする。自己との対話。それを横から見て表現だとか芸術だとか言う人がいるだけのことではないのだろうか。ノートを比較的きれいな文字で埋めながらそんなことを考えていた。
 ここで誤解をして欲しくないのは、ぼくの書くものが芸術であるなどと言っているつもりはまったくないということ。ただ、ノートとの対話がこんなに気持ちのいいものであることを発見したことを言いたかっただけ。芸術の根源は自分へ対するメッセージではないのかと。自己との対話のないところには何も生まれないのではないかと。自分とすら会話ができないのであれば、拒むのであれば他の人と話すことすらできるはずはなく、そこには虚構しかうまれないのでは、という疑問。できたものと、何らかの意思をもって作られたものは一見似てはいるが別物であるということ。

 ノートとの対話は楽しい。
 そして、ここにはあとひとつの楽しみがある。丁寧な字で書いておくと、しばらくして昔語りをすることができる。あの頃の自分と。そこには、その時には気づくことのなかった栗が落ちていたりする。ひと粒で2度も、3度もおいしい。
 
 ページを繰ってみると3ページ前と比べ、かなり乱雑になってきていることに気づき軌道修正。
今は叫ぶノートを対話をするノート2冊が手元に。 
[PR]
by seikiny1 | 2009-10-24 04:35 | 日ごろのこと
30年
 どこをどう叩いてみても〈文学〉だとか〈本〉なんてものが出てきそうもない人だった。ポマードでテカテカに固められたリーゼントが自慢のY先輩。仲良くなってしばらく経つと、会話の端々に登場するホールデンという名前の男がぼくの頭のはしっこにも住みだし、おぼろげながらも像を結ぶようになってきた。そいつがどこに住んでいるのかてんで見当もつかず、ついにこらえきれなくなったぼくは訊いてみることにした。その足で本屋へ走った。それほどに彼は魅力に満ちていた。

《ライ麦畑でつかまえて》
 いま、ぼくがここにいる契機となった様々なことのひとつにこの本の存在、そしてホールデンがある。ここには、それまでぼくが抱いていたアメリカというオメデタイ国の底に潜む翳、そしてあの頃の自分があった。

 思い起こしてみると、もう30年以上も読み返していない。数年前にブックオフの$1コーナーの中に見つけ、「久々に読んでみるか」と買ってはみたものの、つい最近まで本の山の中腹に埋没したままになっていた。言い訳ではないけれど、本というのは自分の中の旬に読むのが一番いい。

 そんなぼくに再読のきっかけを与えたのは、先日、ブルックリンの図書館から借り出した《サリンジャー選集 短編2》。誰かが引いた赤い傍線が目障りだったが、それ以上に「こんなんじゃない!」という翻訳への不満から消化不良を起こしてしまっていた。あの本は旬を知らせるために、僕の手元へとやってきたのだろう。

「あのときの感動はなんだったんだ!?」
 そんなことにならない保障はどこにもない。
 時のヤスリにかけられた古い記憶は美しくなる。先日、掌にとってみた朝顔の種はたしかに40年持ち続けていた記憶のものより小粒だった。
「今、この本を再読してみて、あの時と同じものを感じることができるだろうか?」
 不安よりも、自分自身に対する興味がまさり、約30年ぶりの《ライ麦畑でつかまえて》を開いた。

 ぼくは確実に齢をとった。
 けれども感動には曇りも、錆もない。ホールデンはあの時のままページの中を動き回り、今にも隣に腰をかけてぼくの顔をのぞきこみながら喋りかけてきそうなほどにみずみずしい。齢をもはねのけてしまうほどに。
 ホールデンは言う
「何ひとつ変わらないんだ。変わるのはただ。こっちの方さ。といってもこっちが齢をとるとかなんとか、そんなこといってんじゃない。厳密に言うと、それはちょっと違うんだ。こっちが、いつも同じではないという、それだけのことなんだ。オーバーを着ているときがあったり、隣に別の友達がいたり……」

 内容は言うまでもなく、訳がすばらしい。冒頭で引き込まれたリズムは最後まで衰えることなく流れ続け、やがて霧の向こうへと消えていく。
 短編集の方には《ライ麦畑でつかまえて》の試作となったものも含まれていたが、とても単純ではあるのだけれど、とても気になる箇所がある。突きつめると、ぼくのイライラの根源はこの一点に凝縮をされている。
 それは「熱いチョコレート」。
 学校を去ることになったホールデンは、スーツケースを下げて恩師の自宅へ寄る。あらかた話も終わり、辞去しようとする彼に「熱いチョコレートでも飲んでいかないかい?」とすすめる恩師。
 これは「熱いチョレート」でも「ココア」でもなく、「ホットチョコレート」とやって欲しい。もちろん、日本にいた頃のぼくはホットチョコレートなんて知らなかったが、それでもホットチョコレートで押し切って欲しかった。ホットチョコレートのリズムなんだ。読者に親切である必要なんてないのだから。
「ん、そろそろだ……」
 読みはじめた《ライ麦畑でつかまえて》では、件の箇所が気になりどうも落ち着かない。
「!」
「!!」
 さすが。野崎孝さんという訳者は「ホットチョコレート」でいってくれていた。
 彼のすべてが注ぎ込まれ、花開いたのが《ライ麦畑でつかまえて》という作品なのだろう。ここでは絶対にホットチョコレートでなければならない。文化を知っているというよりもセンスの問題だ。短編集の訳者はアメリカへの留学経験があり、当然、ホットチョコレートという飲み物の存在を知っていたことだろう。対して野崎さん兵役で満州へは行ったが、アメリカ留学の経験はない。それでも、ここではホットチョコレートなのだ。才能というのは少しずつあちこちに小さな花を咲かせていくことをいう。

 訳者にそこまで求めるのは酷だとも思う。実際、「あんたやってみなはれ」と言われても、まずぼくには出来ない。また、同じ野崎さんの手によるヘミングウェイを読んだ際にはこれほどの感銘を受けはしなかった。やはり、日本での《ライ麦畑でつかまえて》に関しては、原著者と訳者の波長がぴったりと合ってしまった幸運な事故といった面が強いと思う。もちろん訳者のそのときの精神状態までをも含めて。

 消化不良を起こした後に、短編集の訳者によるあとがきを読んだ。そこには、
「とてもではないけれど、自分のレベルではこの言葉の魔術師のような作家のことばを到底訳しきれない……」
 そんな独白にも似た記述が最後の部分にあった。そのうえ読者からここまでつつかれたのでは浮ばれない。ごめんなさいね。






 今日、たまたま寄った紀伊國屋書店ニューヨーク。アメリカ文学の集められたテーブルで《ライ麦畑でつかまえて》を見つけた。手にとって発見した違いが表紙。帯に隠されているが、かつてピカソのイラストのあった箇所はブランクとなり、巻末までページを繰ると、訳者によるあとがきも削除されている。気になって、自宅へ帰り調べてみると、
「原著者との新たな契約により書籍に掲載することができなくなりました」とのことで、〈訳者によるあとがき〉全文を出版社である白水社のHPに収録することで双方を立てている。
 頑固、変わり者、キチガイとすら言う人のいるサリンジャーさん。かなりの年齢のはずですが、まだまだご健在のようです。

 数年前、村上春樹さんが訳した《キャッチャー・イン・ザ・ライ》。
 こちらの方はまだ読んでいない。そのうち出会いがあるでしょう、ブックオフで。いい出会いとなるような予感はありますが、お楽しみはいつものように先送りにしておくこととします。出会いというのはそんなもんなんだ、と言い訳をしながら。
 初体験の相手がその人の人生に大きな影響を与えることがある。
 野崎孝さんの訳が初体験の者と、村上春樹さんだった人では遠くに見えるアメリカの姿、そして自分自身もまた違ってくるのだろう。それはどんな姿なのだろう?
 とりあえずぼくは、この本に若くして出合えたことをうれしく思い、約30年を経て再読するチャンスを与えてくれた偶然に感謝する。
 もちろんY先輩にも。
[PR]
by seikiny1 | 2009-10-16 10:31 | アメリカとの距離
サイン
「いやー、ぼく、やろうろしたんだよね。
でもできなかったんだ。
何度も、何度もがんばってはみたんだよ。
でも、だめだった。
根が正直者だからさー、決められたことはやることにしてんだ。
いや、気がすまないと言ったほうが正確かな。
でも、いくらこちらにやる気があっても、そちらがこれではねー。
こいつに関しては、ぼくではなくそちらのせいだと思うんだけど君の意見はどうだろう?
少なくともぼくの方に落ち度はないよね。
だってやろうしたんだもん。
そのことは、実際にこいつを見ればわかるだろう。
神様だってできはしないってことさ。
神様にできないことがこのぼくにできるはずはないからねー。
神様ができなかったことをいったい誰がとがめだてするというんだい?
そんなことできっこないよね。
ところで冒涜という言葉のあることを君たちは知ってる?
ま、神様をバカにしちゃいけないってことなんだけど。
そういえば、さっき行った図書館で向かいに座っていたおばさんなんだけどね。
大声で言うひとりごとってひとりごとになるのかな?
それにね「ガーオッ」って轟音を立て、続けさまに痰を吐くんでまいっちゃったよ。
ま、季節柄しょうがないかもしれないんだけど。
30分ほどで席を立ったんだけどね、テーブルの上に大きな本を残していきやがるんだ。
笑っちゃうのがその本のタイトルさ。
「Dictionary of the Bible」ってんだから恐れ入っちまう。
神ってのはその程度の存在になっちまってるのかもね。
でも、神様ができないことを怒ったりするのにはあんまり感心しないなー。
だって、ちょっと考えてみてごらんよ。
ぼくはひとつも悪いことなんてやっちゃいないんだ。
どちらかというと、これは決め付けたくはないんだけどね、君たちのほうにやる気というものが欠如してんじゃないのかな。
あ、怒んないでよ、たのむから。
決して悪気があるわけじゃないんだ、ただ、事実を公正に考えてみただけさ。
だってそうだろ、やる気満々だったらこんなこと起こりっこないはずなんだ。
ほんと、200回くらいはやってみたと思うんだ、でもだめだった。
しょうがないだろ、これじゃ。
ぼくだっていろいろと考えては見たさ、でもね、ほかに選択の余地がないんだから仕方なくってってわけさ。
背に腹はかえられないからね。
だって、ぼく、もう行かなきゃいけないんだよ。しようがないんだよ。そこのところも十分にくみしてほしいね。ぼくの時間をむだにしてしまったってことをさ。
あ、ちょっと待ってよ。
鼻先で笑ってそんなころやろうとすんだ。
あ、そうそう、言うの忘れてたけど実はさっき動画でこいつがだめな役立たずであるってことを撮ったんだ。
紐のないスニーカーのほうがまだ使えるってことをね。
これって証拠になるって思わないかい?
少なくともぼくのやる気だけは証明してくれるはずだよね。
ぼくのやる気の首根っこを押さえつけたやつが誰かってことをさ。
だから、目先の数字なんてのに惑わされないほうがいいと思うんだ。
これは君のためを思って進言してるんだぜ。
きっとお互い後味だって悪いしさ。
うんほんとうだよ。ぼくはやろうとしたのさ」




 パーキング・メーターにかぶせられたブラウンバッグは実に多弁だ。
[PR]
by seikiny1 | 2009-10-10 03:23 | 日ごろのこと
赤鉛筆
僕はこれでなかなかユーモアのセンスがあるんだ。ところがルーシーにはないんだなあ。





ぼくはあいつのことなら、なんだってわかるんだ。本当にどんなことだってわかるのさ。






いや、たまげたね。






そこでぼくはいってやった。遠慮なくいってやったね。






どうも認めざるをえないよ。






リフレインのところを八十五回はやったと思うね。つまり弾きづめに弾いてたってことさ。ルーシーはなんだか、ぼくから十マイルもはなれたところで踊ってるみたいだった。






百万べんも頼んでみた。






どうもあかんぼって、眠っていてもなにか考えてるものらしいね。利口なもんだよ。馬鹿やなんかじゃないね。ぼくはあかんぼの足をつかんで、しばらく手に握っていた。ぼくは子供の足が好きなんだ。べつに意味はないさ。






そこで馬鹿なことをしたもんさ。ぼくは長いこと会わなかった兄弟にでもするように背中をたたいたものさ。






サムがそこにいるような気になった。まったく、どうかしてたんだなあ。






それにしてもぼくときたら、なんともしようのないことをやらかしたもんだ。まさかと思うだろうがね。






おかしな言いかただよね。ルーシーって、ずいぶんおかしなことをいう奴なんだ。へんな子だよ。ぼくがあいつのこと、すっかりわかってるんで助かるのさ。まあね。







ぼくはかまわないね。ほんとうにかまわないのさ。ぼくとしちゃあ、毎晩、雷が鳴っても平気だね。








ジャニタってのはありきたりの女じゃないからな。ありきたりの女なんか女房にするもんじゃないよ。そんな女にはビールでも飲ましてやったらいいのさ。気どった足つきで踊ったりするのもいいだろう。でも女房には向かんな。道ばたでねずみの死んだのを見たらげんこつで殴ってくるような女を見つけるんだ。






ジャニタって女は、おれの見たどえらいことを話してやるたびに鳥肌がたつんだ。どえらい話を聞くたびに鳥肌の立たないような女は女房にするもんじゃないよ。






そういうハンサムな奴らときたら、髪がきちんと撫でつけられていないとか、さいきん女から便りがないとか、少しでも誰かに見られていないとかいう時には、はでなことはやらかそうとはしないものさ。






変な話だなあ。パークさんみたいなひとは、一生涯えらい人間で、―本当にえらい人間でありながら、せいぜい二十人か三十人くらいの男しか、そのことに気がついていないんだ。まして、そのことをパークさんに教えてやったような奴は一人だっていないだろう。女ときたら、なおさらさ。そこいらの女の一人や二人はいたかも知れんが、でも尻をふらないで歩くような女―まっすぐに歩くような女じゃ、わからないね。そういったような女―つまり、パークさんがほんとうに好きなタイプの女たちじゃ、パークさんのあの顔と、へんてこな声とで、もうあきらめちまうのさ。ひでえもんだよ。






パークさんは自分で死に方をえらんだのだ。






パークさんはたった一人で死んでいった。女の子にもだれにもことづてをするでもなかった。合衆国で盛大な葬式がおこなわれもしなかった。はでな野郎が消灯ラッパを吹いてやるでもなかった。
ジャニタにフランキーの手紙を読んでやって、それからおれの知ってることをもう一度、話してやったら、ジャニタのやつが泣き出した。それがパークさんのための唯一の葬式みたいなものだった。ジャニタってのは、ありきたりの女じゃない。ありきたりの女なんか女房にするなよ。パークさんみたいなひとのために泣ける女を見つけることだな。






(おれはこんなのがいいな。こんなに幸福だったことはないな。本を読んでるより、もっと楽しいや。フランシスと一緒のときより、ずっとましさ。こうしていると、おれはいつもの自分よりずっとましな人間になったような気がするよ。さあ、こい。ニュース映画で見たあの日本軍のこそこそした狙撃兵ども!撃つがいい。かまうもんか!)






弟のホールデンが行方不明になったんだ。






「ぼくはニューヨークの3番街と18丁目の角にある男子学生のクラブでよくあいつとぶつかったもんさ。大学生やプレップ・スクールの生徒たちの行くバーさ。クリスマスやイースターの休みに、あいつが家に帰ってるときには、ただあいつを探すだけの目的であそこへ出かけたもんさ。ぼくはよくバーの中を、ぼくのデートの相手をひっぱって、あいつを探して歩いたものさ。すると、たいてい、あいつずっと奥のほうに陣どっていたよ。バーの中で一番酔っ払って騒いでいた。ほかの少年たちはビールばかり飲んでいるというのに、あいつはスコッチなんか飲んでいた。『おまえ大丈夫かい?家へ帰りたくないのかい?金はあるのかい?』ってなあ。すると、あいつめ『いんや。いらねえよ。いらねえんだ、よ兄さん。そのべっぴんさんはだれかね?』なんていったもんさ。そこでぼくはあいつの傍をはなれるんだが、なんだか心配でね。よく以前に、夏の日なんか、あの馬鹿野郎が階段の下にじめじめした下着にはいったトランクを置きっぱなしにしてさ、、物干しにもかけてなかったのを思い出してね。ぼくがそのトランクを拾っといてやったものさ。だって、あいつときたら、あの年頃のぼくとそっくりなんだものな」







「二十」







ああここには、ボビー・ティマーズとテニスの試合をしたとき、ぼくがサーヴで決勝点をあげるのを見て、彼女がベーブ!と叫んだときの思い出があります。その声を聞くためには、それだけのサーヴをして見せなければならなかったのです。でもその声を聞いたとき、ぼくの胸は―ほら、透かして見えるでしょう?―どうかしちゃったのです。それ以来、もと通りになりません。






(彼女はぼくをみじめにする。ぼくに情けない思いをさせる。彼女はぼくを理解してくれない。―ほとんど、いつだってそうなんふだ。でも、時とすると、―時とすると、彼女は世のなかで一番すばらしい女性になるんだ。それは他のだれにも真似のできないことなんだ。ジャッキーはぼくをみじめになんか決してさせない。でもジャッキーはぼくに本当になにかを感じさせるということはないんだ。ジャッキーはぼくが手紙を出せば、その日のうちに返事をくれる。フランシスだと、二週間からふた月くらいもかかる。時によるとぜんぜん返事をくれない。くれたって、ぼくが読みたいと思うようなことは何も書いてないんだ。そのくせ、ぼくはフランシスの手紙は百ぺんも読むが、ジャッキーのは一度しか読まない。フランシスの手紙だと、封筒の筆跡を見ただけで―ばかばかしく気どった筆跡なんだけど―ぼくは世界で一番幸せなおとこになってしまう。






(君はまだ小さな少女さ。でも少年でも少女でも、いつまでも小さいままではいられないんだよ。―ぼくだってそうだったのさ。小さな少女だったものが、ある日とつぜん口紅をつけるようになる。小さな少年だったものが、ある日とつぜん髭をそり、タバコをふかすようになる。子供でいられる時間なんて短いものなんだよ。いまは君はまだ十歳で、雪のなかをぼくを迎えに駆けだしてきてくれる。スプリング通りをぼくといっしょに橇で滑ろうと思ってさ。大喜びでね。ところが明日はもう二十歳にもなって、どこかの男が君を連れ出そうと思って居間で待っている。ある日のこと、とつぜん君はポーターにチップをやったり、金のかかる洋服のことで気をもんだり、女ともだちと昼の約束をしたり、どうして自分にぴったりの男の子を見つけることができないのかと頭をなやましたりするようになる。それもこれも、みんなあたるまえのことさ。でもね、ぼくのいいたいのはね、マティー―もしぼくのいうことに意味があるとすればだね、マティー―こんなことさ。まあいってみればだね、君のもっている最上のものを生かしなさいってことなんだ。もし君がだれかに約束をしたら、みんなからいちばんりっぱな人の約束を得たと思われるようになりなさい。大学でもし間のぬけた子と同室になったら、その子が少しでも利口になれるようにしてやりなさい。君が劇場の外に立っていて、おばあさんがガムを売りにきたら、一ドル持っていたらその一ドルをあげなさい。―ただし、恩にきせたりしないことだよ。そこがたいせつなんだ。






(これがぼくの故郷だ)ベーブは思った。(この家でぼくは少年時代をすごした。いまはマティーが育ちつつある。お母さんがピアノを弾き、お父さんがいつもへたくそなゴルフをしていたのがここなんだ。フランシスが住んでいて、彼女なりにぼくに幸福をあたえてくれたのもこの土地だ。マティーがここで眠っている。敵がきて、家のドアをたたき、あの子の目をさましてこわがらせるということもない。でも、もしぼくが出かけて行って、小銃で敵を迎え撃たなければ、そんなことだった起こりかねない。だからぼくは行く。そして敵をやっつける。それから、また帰ってきたい。帰ってこれたらすばらしいだろう。そうしたら……)






〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 本を開いて無性に腹が立ってしまった。

 繰り返し飛び込んでくるうちに少し興味が頭をもたげてくる。

 それでもやっぱり腹が立つ。

 古本屋で見つけた本であるなら、これも個性のうちでいろいろと空想をしながら読むこともできるが、これは図書館の本。いたるところで赤鉛筆で引かれた線が飛び出してくる。所蔵されているのは日本の図書館ではなく、Brooklyn Public Libraryの日本語セクション。こんな阿呆のせいでコレクションが細くならなければいいが……。というよりも、恥ずかしい。

 ブック・オフが出来たとはいえ、フリーペーパーが氾濫しているとはいえ、いまだに日本の書籍は貴重なもの。ミッドタウンの旭屋書店は今月いっぱいで閉店をする予定で、これからは紀伊國屋書店の独壇場となってしまう。
 実は、Brooklyn Public Libraryではこれまで紀伊國屋書店より仕入れていたようだが、最近の新着本を見るとブック・オフの値札のつくものが多い。不景気のせいもあるのかもしれないが、ひと月ほど前に日本語セクションの本棚が数本増やされたことを考え合わせると、限られた予算内でコレクションを充実させていく方向なのだろう。

 ちなみに上の赤線本はブック・オフからのものではない。
 サリンジャー選集2 『若者たち<短編集Ⅰ>』
 おもしろいんだけど、翻訳ではやはり本物の持つリズムというかビートが今ひとつ伝わってこない。翻訳者の方にそこまで要求するのは酷なことかもしれないけれど、これは翻訳ものを読むたびに感じることで、日本にいる頃、外国ものにほとんど触手が伸びなかった理由もこれ。当時、外国の小説は面白くないものと決め付けていた。ストーリーの面白さはみとめるのだけれど、引き込まれる力がない。
 ホームレスをやって「よかった」と思えることのひとつに、英語の本を読むようになったということがある。欲望は障壁を叩きこわす。でも赤鉛筆はやめてね。
[PR]
by seikiny1 | 2009-10-03 01:45 | 日ごろのこと
記事ランキング 画像一覧