ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
カテゴリ:ニューヨークの11人( 4 )
あのころ黒を着ていたら
日時6月×日午前8時30分ごろ
場所ブルックリン発マンハッタン行きD Train車中
対象洋服に黒を取り入れている人
結果10人中6人+僕(黒なし)

 それにしてもNYの人たちは黒が好きだ。寒くなってくると街は黒で埋め尽くされた感じがする。

 格式ばった、悪、危険、クール、制服……。
 日本人が黒から受けるイメージはこんなものだったはずだ、ちょっと前までは。好まれることよりも忌み嫌われる場合の方が多かったように思う。まぁ、今も昔も某自由業関係の方々には絶大な人気があるようだけれど。
 Tシャツ以外で黒い服を着たことはほとんどと言っていいくらいにない。例外は矢沢永吉さんに憧れていた頃、ビートルズやストーンズを真似て黒いタートルネックを着ていたあの頃、そんなもんだろう。

 1980年代の初頭、日本の街は黒一色で埋め尽くされてしまった。街行く若者たちの多くが黒い服を着ていた。あんな時代は後にも先にもないだろう。そんな人たちを年寄りはカラスと呼ぶ。ぼくの母などは「黒い服が流行るのは不景気の証拠」などと言っていたが、数年後バブルは最高潮に達し予言は見事に外れてしまった。
 その後黒は日本に定着し、今では何の違和感もなく普通の光景となってしまった。
 日本人に色としての黒を認めさせた川久保玲さんと山本耀司さんは服飾史だけではなく民族史にまで大きな足跡を残したと思うのは僕だけだろうか。
 
 相変わらず黒は着ない。あの頃カラスだった人たちと小鳥だった人たちは全く別な道を歩み、今も歩んでいるような気がする。ただの色ではあるけれど、それだけでは片付けることのできないもの。

 さてニューヨークの黒はどんな黒だろう?それが決して何にも染まらない色としての黒であるのならば、やっぱりぼくはまだまだ白の方が好きだ。


 調べてみたら川久保さんも山本さんも戦中に生まれていた。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-07-09 02:26 | ニューヨークの11人
重い、想い
日時:06・20・07(水)晴れ午前8時30分
ポイント:Midtown-West 路上にて
魚:会社員風の女性が持つカバンのつもりが混乱
釣果:わけがわからなくなってしまう+僕1人

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「ショルダーバッグをたすきがけにしている人はどれくらいいるんだろう?」
 そんなことを考えながら道行く人達を見ていると……。
 どこまでがショルダーバッグで、どこからが(手提げ)バッグかがわからなくなった。バックパックだけはわかるけど、ほかのものは昔ながらのショルダーバッグというもの。二本の取っ手が長くのびた手提げバッグ風のもの。普通のバッグにいいわけのようにショルダーストラップのついたもの。いつの間にかバッグの境界があやふやになり離合集散を繰り返している。
 最初の「女性のみ」という間口を広くして男性も目に入れてみた。これまたわからない。
<NY=ひったくり>というイメージが強いせいか(僕は二回しか見たことがないのだけれど)女性が持つかばんの多くは取っ手が長くなり肩から引っかけることができるようになっている。他の街はどうなんだろう?
 取っ手のないかばんに至ってはもうほとんど見かけることがない。かばんにはヒモがついているのが普通で、ないものは袋となってしまい英和辞典もなかなかむずかしくなってきたぞ。


 幼稚園児の時、黄色いかばんはいつもたすきがけだった。
 小学校に入るとランドセルになり、4年生か5年生の時にショルダーバッグを買ってもらったように思う。
 中学入学時にはお約束の黒い学生かばんを持たされたけれど「かっこ悪い」という理由だけでほとんど使わずじまいでショルダーバッグに戻る(いや、その前に薄―くつぶした時期があったんあ)。
 あの頃はリュックサック(バックパック)は「かっこ悪」くて、かばんといえばショルダーバッグ。おかげさまで僕の後姿は、右肩下がり、猫背、がにまた、すり足、そのうえ歩くのが遅いと、悪いことのデパートのようになってしまった。「幼稚園の頃のようにたすきがけにしていれば少しはマシな大人になっていたかもしれない」なんて思って見てももう遅いし、「マシな大人ってなんだ?」なんて考えるような大人は絶対にマシになれないのはわかっている。

 いつの頃からかNYでもたすきがけが目立つようになり、それが普通になっていた。男の場合に関してはきっとメッセンジャーバッグの流行が原因かな。たまにたすきがけもするけれど、今でも抵抗があり、おかげで右肩の下がりはいまだに進行形のような気がする。

 それにしても道行く人のバッグの大きさには少し驚かされた。
 携帯電話、PC、ipodなど持ち物が増えたせいか?それでもその分前よりも少なくなった、なくなったものもあるわけで……。
「あのバッグには何が入っているのだろう?」
 僕の黒いショルダーバッグを見てみると。
 携帯なし。
 PCなし。
 ipodなし。
 かけ値なしのアナログ100%だった。電卓でも入っていれば97%くらいなのかもしれないけれど。かといってそろばんが入っているわけでもないし。計算は筆算が一番手っ取り早いし、そんな事を出先でするような生活もしていない。

 大嫌いな徳川家康の言葉に
「人の一生は重荷を負うて遠き路を行くが如し」というのがあった。

 手ぶらが一番。そうしたいのはやまやまだけど。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-06-22 13:42 | ニューヨークの11人
いろめがね
日時:06・10・07
場所:Madison Square Park
魚:いろめがね
釣果:6人(男4人、女6人、僕1人)

「バーベキューの大きなイベントがある」と聞いて久しぶりに出かけてみたマディソンスクェア・パーク。数えてみたら、これだけ長時間腰を落ち着けたのはこの十年ででたったの二回しかない。ホームレスになる直前まで住んでいたアパートは近所にあり、夏の週末は毎日のようにここで昼寝をしていたのに。
 僕にとってはついこの間なのだけれど、世間の十年は長い。英語だとdecadeという単位があるほどに。考えてみればcenturyの十分の一なのだから長くないこともないわけだ。
 そういったわけでこの公園もドッグラン、売店、-きっとアートなんだろう‐大きなオブジェなどができてそれなりに様がわりしている。「変わっていない」と、変化(老化)をあまり認めない僕にしたってヒゲには白いものが混じり始めてしばらくがたつのだからこれくらいは仕方がない。それにしてもイベントのせいもあってか人、人、人……。人が多いのは苦手だなぁ。

 せっかくだから芝生に寝転がってバーベキューを頬張る。美味くもなく、不味くもなくアメリカの味だけがやけにする。寝転がって見てみても人が減るわけでもない。




 サングラスをかけなくなって十年ちょっとくらいになると思う。今の僕にはニューヨーク程度の陽射しでは必要ない。だから欲しいとも思わない。あの頃は自分の一部のような存在だったのに。
 中学、高校時代はこっそりと。卒業してからはほとんど常に手放したことがなかった。そんな僕がなんでサングラスと別れたかというと、
「似合わない」ただそれだけの理由。
 きっと何かを避けるように、隠すようにしていた部分もあったはずだ。今でもありはしないけれど、きっと今以上に自信もなかったのだろう。

 さよならした日から少しずつ何かが変わり続けている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-06-20 08:35 | ニューヨークの11人
local
暑い……。
蒸し暑い……。

土曜日の午後で、天気がいいこともあってか地下鉄のホームには人があふれている。
土曜日ということもあって電車はなかなか来ない。扇子が活躍をするひと時。

ガラガラのlocal train(各駅停車)がやって来ると吸い寄せられるように乗り込んでしまった。冷房は効いているし人は少ない。
数十秒後に、さっきまで立っていた側のホームの空気が動く。express train(特急)がやって来た。
すっかり落ち着いてしまった僕のお尻はまったく動く気配を見せず、それよりも久々のlocal trainの出発をなんだか心待ちにすらしている。

あんなに好きだったlocal trainにここのところ乗っていなかった。
決して駆け足の生活をしているわけではないのに、いつも足は自ずとexpress側を向いてしまう。


〈地下鉄の10人〉
日時06/09/07午後2時過ぎ
場所マンハッタン行きRトレイン
釣果3人 (女性2名、男性1名)
種類イヤフォンをしている人

備考乗客は3割程度。女性4名、男性6名
男性の一人は座席に身体をのばし気持ち良さそうに寝ている。白のランニングにブルージーン。しばらく見ているといきなり目をさまし、そそくさと用意をして(枕にしていたスニーカーをはくと)降りていった。


localとレインはいいなー。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-06-10 08:01 | ニューヨークの11人
記事ランキング 画像一覧