ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
禁じられた遊び
最初に、ギターを弾こうと思ったのは「禁じられた遊び」を完璧に弾いてみたかったから。
もちろん、その道の険しさに挫折。

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」= Osessione
「愛と青春の旅立ち」= An officer and a gentleman
「The thing」= 遊星からの物体X

洋画に限らず邦題には面白いものが多い。
笑えるもの。
「さすが……」とうなりたくなるもの。
「なんだこりゃ?」と余計に混乱してしまうもの。

禁じられた遊びもその手かなと思い、ある日調べてみるとど真ん中の直球でかえってびっくりしてしまった。

自宅から小学校までは子供の足にはかなりの距離があり、入学してからしばらくの間は3~40分をかけてバスで通っていた。
給食袋、体育袋、上履き、帽子……。
車内に忘れ物をするたびに、時間を見計らって再度バスに乗り車庫へと受け取りに行く。

下敷き、赤白帽、宿題、ハンカチ……。
忘れ物をするたびに、廊下へ立たされる。
たまにバケツを持たされたり、場所が校長室の前になったり。
いま時こんなことをやる教師はPTAがたたじゃあおかないだろう。

昔から忘れ物が多い。
一見、落ち着いて見えるらしいのでよけいに始末が悪い。

長年の習い性や受験勉強のおかげで、忘れ物・物忘れはいけないことだと思い込んでいたところがある。

「禁じられた遊び」にこっている。
物忘れをするようにしている。
必要度の低いものはあえて覚えないように心がけている。
病気ではない。
うっかり忘れてしまうこともあるけれど、つとめて忘れるようにしている。
もちろん外部記憶装置へのバックアップまでは忘れないけれど。

限られた容量しかない脳みそを記憶という作業に浪費することなく、思考・処理だけに使うのは心地がいい。
はね上がるタコメーターの針を見ているような気分にさせられる時すらある。

もし何か忘れていたときは、その人、その時ごめんなさい。
[PR]
by seikiny1 | 2008-11-28 08:46 | 日ごろのこと
<< 青テント IRAQ WAR ENDS ... >>
記事ランキング 画像一覧