ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
はじめに
 久しぶりに日本へ帰り、一昨日ニューヨークへ戻ってきました。
 ???……、と思われる方が多いと思うので簡単に自己紹介をさせていただきます。

 僕の名前は境セイキ。1986年10月30日にアメリカ合衆国の土を踏み現在に至っています。現在の住まいはニューヨーク市ブルックリン。これまで様々な道を経て、今の僕はここに立っています。そしてこれからもどんな道になるかはわからないけれど、僕なりの道を歩み続けることでしょう。
 渡米後は約二ヶ月をかけアメリカのあちこちをバスで旅しました。ニューヨークのポートオーソリティー・バスターミナルで最後にバスを降りた瞬間から本当の意味での僕のアメリカが始まりました。そこからが旅人ではなく、生活者としての僕のスタートです。レストランで数ヶ月働いた後、グリーンカード(アメリカ永住権)を取得する為に初めてのサラリーマン生活。それと並行してやっていた古着の輸出、そしてグリーンカード取得後すぐにアパレル会社を立ち上げました。それまでのいつの時点だったかはいまだに明確ではありませんが、次第にドラッグの道へはまってしまいついにニューヨークでホームレスに。気付けば六年の月日が経過していました。ドラッグと路上の生活に別れを告げた二〇〇二年に『ニューヨーク底辺物語』(扶桑社 ISBN4-594-03730-5)を上梓。現在は在NY日本人向けフリーペーパー「アメ☆ドリ」、「踊るで、しかし」二誌にコラムを連載中。

 正確に何年ぶりだったのかはいまだにわからない。古いパスポートも無ければ、何の記録も無い。家族や友人と話したところ「だいたい8年か9年ぶりだろう……」、というラインが出てきた。アメリカの移民局や日本の外務省へ問い合わせればわかるのだろうけれど、そこまですることでもないし。とにかく久しぶりに日本へ帰ってきました。しばらくは日本で感じ、そしてニューヨークへ帰って感じたことなどを時々つづっていきたいと思う。外にいてはわからないこと、内にいてはわからないこと、普通の視点では見落としてしまいそうなこと。材料はたわいの無いものが多いけれどそこから何かが生まれれば、と思う。何より自分の中の自分を見直すために、発見するために、といった個人的理由のウェイトがかなりあるかな。
 約10年ぶりの日本は「変わったようで、変わっていなかった」、というのが実感。そう簡単に変わるものでもないか。

 もしかしたら今の僕も帰らぬ旅の真っ最中にいるのか?
[PR]
by seikiny1 | 2004-11-13 09:50 | はじめに
<< 公衆電話
記事ランキング 画像一覧