ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
にくづき
 もう30年くらい同じ体重で生きているから、肉付きはそんなにいいほうじゃない。ただ、昔なつかしの筋肉がぜいに肉に変わり、もともと悪かった腰をささえきれなくなったらしい。

 腰痛三日目もなんとか津波におそわれることなく終わりそうで、それでもまだまだ油断は禁物だ。いつ、なにが起こってもいいように。
「あ、今、爆弾が火を噴いたら間違いなく逃げ遅れて死ぬな。あいつがそばにいたら助けてくれるかな?」
 まだひんやりとした空気の残る地下鉄への階段を下りながら、そんなことを冷静に考えていた。
 なんといっても腰は体の要なのだから。走ることなんてできない。おまけに朝が一番つらい。腰痛で逃げ遅れるというのもまた人生か。壁にぶつかり、転がりまわり、踏みつけられて。

 とにかく起き上がるのが死ぬほどしんどくて、「なにかいい方法はないか」と検索をしてみると〈腰痛NAVI〉など、色々な腰痛情報の載ったサイトがある。そんなわけで昨日以来、「腰」という文字が頭からはなれない。
「体の要ということはわかるけど、どうして月という字が『にくづき』と呼ばれるんだろう?まさか『肉付き』のダジャレじゃないだろうし……」
 漢和辞典で調べてみると、その部首解説がなかなか難しい。同じ月でも離合集散を繰り返していて、説明を読みながらなんとか党の派閥を思い出してしまった。まぁ、簡単に言えば、「『にくづき』というのは『肉』という字を省略化して月にしてしまった」らしい。
 言われてみれば『なーんだ」と思ってしまうけれど、この頭の中で記号化されてしまっていて、それでもどこかでくすぶり続けていた「うん、月はわかる。でもなんで肉なんだ?」という疑問が氷解するとなんだかビールもおいしくなってくる。
 
 好奇心をいつまでも忘れちゃいけないな。体の要がこわれるような歳だから、頭のほうだけは壊さんようにしとかんと。それにしても周りは知らないことばかり。だから歩いていこうと思うし、転んでも立ち上がることができる。腰痛からひとつ学んだ一日でした。

 腰痛になる前の晩、おぼろ月を見上げていた。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓
なにかを感じ、ここを押していただけたらうれしいです
[PR]
by seikiny1 | 2007-09-25 09:06 | 日ごろのこと
<< One Bill Breakfast 7ヶ月目の再会 >>
記事ランキング 画像一覧