ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
ナポレオンにはなりたくない
 アスパラガスの夢を見た。
 同じようなシーンが、寝付いてから起きるまで何回も、何回も繰り返される。下の方の硬い部分をむいて、ガスの前に立つ。アスパラガスはなぜかひもで束ねられていて、沸き立つお湯を前にして、「この鍋小さいなー」とボヤくところで終わり。とうとう食べることはできなかった。あの夢はカラーだった。

 夢を見るのが好きだ。だから眠るのも大好きで、最近ではちょっと短めになってしまったけれど、最低8時間の睡眠時間は持ちたい。6時間を切ることを許したくはない。
 もちろん、なにかをやるために睡眠時間を削らなければならない時だってあるし、それは仕方のないことなのだけれど、
「人生は●●年。一日の睡眠時間を▲時間削れば、他人より■年分長く生きることができる」などという人の真似をしたいなどと思うことはない。
 僕にとって夢を見るということは、その人が起きていて何かをすることに匹敵する。いや、層倍する、と自家製の論理を盾に自分を正当化して胸を張って眠りたい。限られた持ち時間をどう使おうとその人の勝手で、同時にその石を投げたことではね返ってくるしぶきや石くずも受け止めなくてはいけない。寝坊して遅刻をしたら廊下に立たされるかもしれないし、睡眠時間を削って昼飯のあとに居眠りをしたら教師に殴られるかもしれない。もしかしたらどこかで天才が開花して、ナポレオンのような人間になるかもしれない。すべては自分の人生で、自分で受け止めていかなければいけない。

 持ち時間を調べてみた。
 厚生労働省の発表によると、日本人男性は約78.5歳、女性は約85.5歳で、その差は7年間。
 女性の方の持ち時間が7年分多い。
 長生きすることをうらやましいとは思わないけれど、時間があるということはゆとりにつながっていく。大事を前にして女性の方が落ち着いていたりするのは、どこかでそのゆとりを感じ取っているからなのかもしれない、などと変に納得がいってしまう。

 出かける前には待たされる。ウトウトしだした頃に布団にもぐりこんでくる。トイレに立ったらなかなか帰ってこない。「いったいどこを洗っているのか?」と不機嫌になったり、「倒れてんじゃないか?」、と長風呂を心配することも最近ではなくなった。
 こうやって並べてみると、女性は7年間分くらいは女性であるためにその時間を費やしているようにも見える。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-08-29 08:49 | 思うこと
<< 夏の終わり 月末仏教徒 >>
記事ランキング 画像一覧