ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
純潔
 久しぶりだった。いったいどれくらいご無沙汰していたんだろう?
 辞書の中で〈純潔〉という言葉と再会した。
 知ってはいても、長い間使ったこともなく、感じたこともなく、ほかの場所で目にしたのは遠い、遠い昔のような気がする。少なくとも自分の中にそのかけらすら見つけることはできず、これまでそんなものを持っていた記憶がない。あったとすれば生まれてすぐの頃のことだろう。
 そこには、
「心やからだがけがれていない様子」と書かれていた。
 あぁ、やっぱりないな。少なくとも僕の中には。
 対語として書かれていたのは〈不潔〉だった。
 これならたくさんある。洗濯をさぼったあげくに同じ靴下を二日続けて履くこともあるし、大酒を飲んだ翌朝には寝坊をしてシャワーも浴びずに出かけることなんてざらだ。心の中をのぞいてみるとけがれている部分のほうが多いかもしれない。周りを見渡してみても、……。

 純潔という言葉はもう辞書の中にしか存在しないのかもしれない。その対語はこれだけ氾濫しているというのに。不潔の対語としてしか存在しないのか?
 それもまた悲しい。


 平和という言葉が戦争の対語としてのみ存在する日が来ないことを願って。
 戦争ではないという状態は、決して平和とイコールではないと思う。
 広島原爆記念日に思うこと。出会った言葉。
 ひとかけらでいいから純潔なものを手に入れてみたい。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-08-07 08:17 | 思うこと
<< 愉しみ 旅 >>
記事ランキング 画像一覧