ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
茶柱
 国語辞典を「ヤッ!」とばかりに開いてみる。
 ここのところ小さな時間さえあるとそんなことをしているぼくはやっぱり暇人なんだろう。
 新明解国語辞典<第4版>に目を落としてみると761ページの中段だった。飛び込んできた見出しは、

 たいすい【大酔】酒にひどく酔うこと。

 ちなみにこの時点ではまだ一滴も飲んでいない。用心しなきゃ。
 ちょっとだけ右に目を移してみる。飛び込んできたのが、

 だいじん【大尽】「大金持ち」の江戸時代における称。〔遊郭でお金を惜しまず使う人の意にも用いられる。 例 「お_」、「_遊び」、「__風を吹かす」

 大酔いして、金に糸目をつけずに女遊びか……。嬉しいような、怖いような。まぁとにかく用心だけはしておこう。明日はまだ平日なんだから。

 それにしても辞書はおもしろい。
 それにしても用心ばかりではおもしろくない。



 まだ家でビールを飲んでいる。
 また辞書を開いてみた。

 ちゃばしら【茶柱】

 よかった。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-06-28 09:18 | 日ごろのこと
<< あのころ黒を着ていたら くじら >>
記事ランキング 画像一覧