ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
くじら
 タバコを「あと一本」思う時。
 ビールがなくなりかけてきた時。
 なにを「喰おうかなー」と考えている時。
 次に瞬間にちょっとだけ哀しくなる時がある。

 きっと考えているくらいだからまだマシなんだろう。これが「××しなければならない」となるときっと生きた心地がしないに違いない。特にぼくの場合はほかの人の数十倍この言葉が嫌いなのだから。

 哀しいって、きっとそんなに悪い事じゃないのかな。悲しいよりも。
 たくさんの哀しみよりも、たったひとつの悲しみのほうがきっと重いんだろう。自分が哀しいのも嫌だけれど、まわりの人が悲しむ姿はもっと見たくない。
 だから少しだけ哀しもう。もっと笑っていたいから。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-06-26 09:23 | 思うこと
<< 茶柱 重い、想い >>
記事ランキング 画像一覧