ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
たまたま
「アジア人らしい」
 地下鉄の中でそんな言葉を耳にしながら「ドキッ」としていた。部屋に帰り着き最新のニュースを確認してみると韓国の人だったらしい。正直に言うと「ホッ」としていた。
「●○で飛行機が墜落した模様です。乗客の中に日本人は確認されていません」
 そんなニュースとは質が違う。
 もしあの人が日本人だったら……。

 こんな不安がよぎったのは僕に限ったことではないと思う。ヴァージニア州で起こってしまった事件。よその国の人であったから胸をなでおろすのではなく、そんな社会に住み暮らしている事に怖れに似たものを感じる。今頃、韓国系の人はどんな思いで時を送っているのだろう。
 頭の中をイラクの戦場が通り過ぎて行った。

 事件が起こったヴァージニア州というところは東海岸における南部の入り口。
 南部≒差別という公式はあながち間違っていると言い切ることも出来ない。音楽が好きで、とりわけ南部の音楽が好きで、かつては「いつの日か南部に移り住もう」と思っていた僕だけれど昨年の南部をめぐる旅できっぱりとあきらめた。そう言うよりも「南部には住みたくない」というほうが実感に近い。とりわけ<これ>といった出来事があったわけではないけれど、その時の僕にはニューヨークではあまり感じることのない湿度の高い空気が常にまとわりついていた。そこで長年暮らしているという日本人の人からすらも。
 人はナイフを飲み込んでいても笑顔でいることができる。

 その昔、差別という言葉こそなかっただろうけれど、それは、きっと長い間人間が持って生まれた意識なのだろう。僕もどこかで差別し、差別をされて生きている。そんな池から這い上がることができずに誰もが身もだえをしている。そのおもりが消える事はまずなく、ただ「ひとつずつはずしていこう」と思うだけ。そもそもこんな事を考える時点でもうずれてしまっているのだからどうしようもない。自分がある以上、他というものが存在する。二つのものがある時人はどうしても、どこかで較べてしまう。
 人間がいる限り差別のない社会というものはやってこないだろう。これとどう向き合うか、それが変わるだけで。「よかれ」と思ってやることもある人にとっては仇となる。所詮自己満足、偽善の世界なのか。共通の価値観というものが存在しないのだからそれもまた仕方がないのかもしれない。それでもきっとなにかがあるはずだ。それを探し続けることが自分が歩いて行く道かな。

 たった一人が犯してしまった間違いが大きな流れとならないことを願うしかない。それに応えてくれる人達がいることを信じて。これは対岸の火事ではなく、どこにいても、誰にでも起こりえることなのだから。「よかった」で終わらせてしまってはいけない。
 アメリカ大陸を発見したのがアラブ人だったら今はどんな地球になっていたのだろう?

 僕がここにいるのもたまたま。

 長い事<ビン・ラディン>という人の名前を聞かない。
 この国はいったいいつまで戦争を続けるのだろう?
 標的がぼやけ、いつの間にかすりかえられてしまったような気がする、まるでスーパーマーケットの中をショッピングカートを押しながらグルグルとまわるように。
“Do you have a coupon?” 
スーパーのセルフサービス・チエックアウトでは機械が僕に話しかける。



 街角の公衆電話を使っていた黒人男性が突如会話をやめ、通り過ぎる南米系の小学生に大声で話しかける。
“Don’t forget to read books for me, please!  I love you!!”
 それだけ言うと、あたかもなにも起こらなかったように受話器に向かい再び話し始める男性。少しだけてれくさそうに微笑んでいる女の子。
 僕はやっぱりこの街が好きだな。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらうれしいです。
[PR]
by seikiny1 | 2007-04-19 12:01 | アメリカ
<< Happy Mothers Day Behind the Bar-... >>
記事ランキング 画像一覧