ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
ささやかな夢
 十数年前、しばらくの間シカゴにいたことがある。ある日、友人に誘われて釣りに行くことになった。話がまとまってまず足を向けたのはスポーツ用品店。とは言っても釣り道具を買いに行ったのではなく、ある書類を受け取りに行ったのだった。ただ、釣りをするだけのためにフィッシング・ライセンス(州発行の釣り許可書のようなもの)が必要ということにも驚いたけれど、その店内にはもっと驚くべきことが待っていた。
 スポーツ好きのお国柄を反映してか、広大な店内は野球からフットボールまでスポーツと名のつくすべてのものをカバーできるほどの道具であふれかえっている。その一番奥にお目当ての釣具売り場はあった。申請書に必要事項を記入して店員に渡し待つことしばし。何気なく目をやったカウンターの奥にあるガラスケースの中身に目が釘付けになり、数瞬後はにギクリといった鈍く思い衝撃に襲われる。耐え切れずに先ほどまでペンを走らせていたカウンターのショーケースへと目を落とす。再びギクリ。
 釣竿の横にはライフルが延々と並び、様々な種類のリールの横にはいくつものピストルが置かれていた。こうもあっさりと置かれてしまうと、こちら側としてもその反応に窮してしまう。
 
 人の感情とは不思議なもので、銃の姿に惹かれてしまう人たちがいるという。本や映画の中では、それらを見つめながら恍惚の表情を浮かべる人をたまに目にする。彼らの奥深くにひそむなにかが銃の姿、その向こうに広がる世界に刺激を受けてしまうのだろうか。
 刀剣もそうであるようだし、きっとナイフにも同じことが言えるのかもしれない。人間と武器との関係。
 また、美を見出す人もいる。しかしそこに実用性がなければその美も輝くことはないだろう。美とはどこの世界でもとてもやっかいな代物である。それだからこそ美しく人を惹きつけるのだろうが。

 ピストルにも刀剣にもビックリ以外の反応をしない僕でも、ことナイフということになれば話が少し変わってくる。たまたま入った店にナイフ売り場があるとしばし見入ってしまうことがたまにある。それはその奥に見える《男の世界》(そういったものが存在していれば、の話しだけれど)などではなく、かと言って護身用でもない。自分の一本をどこかで探している。
 長かった都会のキャンパー生活で、それなりにナイフの必要性、機能性についてはうるさくなってしまっているので少々のナイフでは満足できない。かと言って大きくて暴力的なものにはまったくの魅力を感じない。必要に追われているわけではないけれど、その一本に出会いたいとは思っている。生涯の伴侶となるような一本をいつの日か手に入れ、愛でながら共に時を過ごしていきたい。
 そして、できることならその機能とはまったく違う<静>を感じさせてくれるものと出会いたい。
 こうやって書き並べてみるとまるで理想の女性を探し続けているようだ。

 ここ数日、本当に鉛筆をとぐ事を楽しんでいる。たわいもない作業が心を落ち着かせてくれる。この三ヶ月間こんな気持ちになったことはほとんどなかった。それだけ自分に余裕がなかった証拠だろう。ゴリゴリと鉛筆を削りながらそんなことを考えていた。

 昔の人はなんと贅沢な時間を持つことが許されていたのだろう。
 ゆっくりと時間をかけ、鉛筆を一本、一本お気に入りのナイフで削る。ほかに誰もいない、静かで、薄暗い部屋の中。
 これが僕のささやかな夢。
 便利さを享受しながらこんなことを考えてしまう。その当時は平凡であった事が便利のこちら側では贅沢になってしまう。あの地下鉄に乗り遅れたっていい。いつかそこには着くのだから。

 人間と道具、そして時の関係。
○この記事を読まれて<なにか>を感じられた方。
ここを押していただけたらウレシイです。



○新しいブログ《ボーカンシャ》です。よかったらのぞいてみて下さい。
[PR]
by seikiny1 | 2006-07-29 10:02 | 思うこと
<< 二週間前の日記 -JBを聞きな... ケバ落とし >>
記事ランキング 画像一覧