ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
《一》という数
「今日で約1/43(43分の1)になった」
 これからもこの分数の分子も分母もひとつずつ大きくなっていき、それにしたがい除数も少しずつだけど大きくなっていく。少しずつではあるけれど《一》に近付いていく。しかし決して《一》になることはない。

 ここ数日、コンピューター内に散らばっていた原稿を整理していた。今日はこのブログに書き込んだ記事にタイトルをふったり、新たに小さなフォルダを作ったり。そして今日でこれを始めて丸一年が経過する事を知った。
 1/43≒0.023。この除数は一体どのくらいまで伸びるていくのだろう?
 Happy Birthday!

 途切れ途切れではあったけれど、なんとか一年続けてきた。それは楽しい道のりだった。その一年が分子。これまでの僕の人生が分母。
 毎度の事ながら一年が経つのは早く、様々な事があったような、何もなかったような。ただ無駄な時間は一秒もなかったと思う。
 小学校時代の夏休み、毎年八月も終わりに近付くと絵日記を書き上げる日々が数日間あった。それをはじめに挫折した、あるいは帳尻合わせをした日記は数知れず。手帳を買っても毎年お約束のように最初の数ページと最後の住所録を埋めた後、それはどこかへ行ってしまう。
 よくぞ一年続いたものだ。
 それはきっとこれが楽しく、負担にならないからだろう。そう、僕は楽しい事が大好きだからそういったことならいつまでも続ける事が出来る。ブログを書き始めた当初は「まじめに毎日つけていこう」と思っていた。それがいつのころからか「書きたい」と思って書きたくてうウズウズしている自分を見つけるようになった。書くことが負担ではなく、書けないことのもどかしさの方がつのるようになってきた。今は、そんな感情をなんとかコントロールして時間と自分のペースにいい具合に埋めこんでいる。キーボード自体は相変わらず苦手だからノートの中に埋もれてしまっている物もかなりの数ある。そもそもノートに書いた時点で「書きたい」という衝動が少し鎮火し、そこで一時的に完結してしまう。それゆえにアップしないことのほうが多い。まるで手紙を書いて封筒に入れ、切手を貼っていつまでも机の上においてある封書のようなものだ。やはりキーボードの壁はまだまだ僕には高いみたいだ。「書きたい」だけでなく、いかにそれを「伝えたい」という衝動につなげていくかが課題なのかもしれない。
 色々と悩みもあり課題もある。それでも楽しいから分子をまた一つ増やそうと思う。この分子はいくつまで伸びていくのだろう?
 そして分母の方は?
 その除数はどの程度まで《一》という数に近付く事ができるのだろう?

 たばこ=0.698
 酒=0.630
 読書=0.860
 アメリカ=0.442

 ざっと思いついただけで四つの増え続ける除数がある。もしかしたらこの先、分子がカウントをやめてしまうものもあるかもしれないけれど、とりあえず今のところ除数がだんだん《一》に近付いていっている。

 誰もが様々な分子を持っていてその数だけ分数を抱えている。 
 それは仕事であったり、結婚であったり、子供であったり、趣味であったり、習慣であったりする。そしてその分子のカウントを上げることによって、それを分母である年齢で割った除数は増え続けていく。少しずつ、少しずつ《一》という数に近付いていく。
 僕も上に列記した以上にたくさんの分数を持っているはずだ。しかしその中には、分母だけがカウントを上げ続け分子の方が静止してしまっているものもかなりある。そういった分数の除数は年々ゼロに近付いていく。しかしゼロになる日は来ない。それが人間というものの歴史であるのかもしれない。ひとたび分子を得た分数は永遠にゼロになる日はやってこない。母がいて子がいて。
 こんな僕だから数少ない稼動中の分数を大切にしていきたい。これから先、新しい分数が増えることはそうそうないだろう。僕にとっての幸せは、今もっている大切な分数たちをほんの少しだけでも《一》という数に近づけていくこと。
 そうして、もしかなうのであればそのうちのひとつでもいい。除数が《一》という数を超えてくれること。いつの日か分母である年齢が動くことをやめても、時折り分子が「カチッ」と小さな音をたてて数字を上げていく。それはいつの日か分母を超え、その瞬間から除数も《一》を超える。子が母を超える日。
 そんな分数を一つだけでも持つことができたら幸せだ。



 最後になりましたが、この一年間僕の文章を読んでくださった皆さん、コメントを寄せてくださった皆さんどうもありがとうございました。これからも皆さんのいい分子が増えていく事をお祈りいたします。

 ちなみにこのブログを始めたきっかけは単なるヒマツブシでした。日本に一ケ月余滞在して帰って来た翌々日に始めました。「さてなにをやろうかな?とりあえずブログってのやってみるか」。こんな感じではじめたのがちょうど一年前の事でした。
[PR]
by seikiny1 | 2005-11-13 06:49 | 思うこと
<< 七面鳥とお雑煮と あ >>
記事ランキング 画像一覧