ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
HAIKU
 あまりテレビを観ない。それでもたまには観ることもある。昨夜はそんな夜だった。

 テレビのチャンネルはいつも13Ch(PBS)になっている。理由は別の機会にでも書いてみよう。
 機関銃のようにしゃべりまくっている若い女性がいた。どうやら音楽業界のあるジャンルで注目を集めつつある女性らしい。とにかくよくしゃべっている。それでも司会者はうまいもので、時を見計らって相槌を打ったりさらに掘り下げた質問をしたりしていた。
 彼女がひとつの時間内に詰め込んでいる単語数はそれほど際立って大きな数字ではないのかもしれない。しかしあまりにも抑揚のない口調。途切れのない一本調子でのしゃべり。いつまでもしゃべり続ける。内容は、というと、どうやらほとんどが自己主張のよう。
 「若いから」、「そういう機会があまりないから」と言ってしまえばそれまでだけれど、とにかくその音声が耳障りで、めったにないことだけれどチャンネルを変えてしまう。こういったものを受け入れる事が出来ない僕自身にもなにか問題があるのかもしれない。しかし、不快はやはり不快でどうしようもない。
 気持ちばかりが先走りしてしまって、周りが見えないのかもしれない。自分を客観的に見ることは難しいかもしれないけれど、もう少し冷静であってもよいように思う。もっと落ち着いて、ひとつひとつの言葉を大切に。そして、<間(ま)>を持ち、少しだけでもき抑揚をかせればいいのに……。
 まぁ、他人事だからこんな批評ができるのかもしれない。

 <間(ま)>という無音は使いようによっては自分だけではなく、相手をも納得させたり反論を持たせたりすることができる。小さな共有空間に無限のメッセージを詰め込むことが出来る。そうであるからこそ、「次はどうだ?」、などと受け取り手を引き込んでいく。それは音だけではなく、文字、絵画、写真などあらゆる表現手段に言えることだと思うのだけれど。
 <間(ま)>はゼロではなく∞(無限大)により近いのかもしれない。これをうまく使えば(本当になにかを伝えたい時、計算していないのに不意に出てくることがある。それが本当の<間(ま)なのだろう)もっと効果的に何かを伝える事ができるのに。<間(ま)とは決して無駄なものではない。

 こう言う僕自身もいまだに悩んでいる。というよりも、いつも悩んでいる。
 たとえばこのブログ。
 もっと短い文章に詰め込んだ方がよいのかもしれない。
 この文字の羅列を目にし思うこと?
 どうしてもパッと見が重苦しい。アクセントがない。
 文字を減らして空白を増やし圧迫感を与えないように心がけた方がいいのかもしれにない。
 写真はどうか?あまり乗り気じゃない。
 しかし本当に変える必要はあるのか?堂々巡り。
 などなど。
 とにかく情報量を減らしてその分だけ<間(ま)を増やす事をいつも頭のどこかで考えている。しかし何一つとして実行はしていない。ただ、あっちに行ったりこっちに行ったりとウロウロしているだけ。
 僕がチャンネルを変えたように、一見して次の瞬間に次のサイトへ飛んでいく人もかなりいるだろう。
 もし、この件に関して何かいい案があったら教えて下さい。メール、コメントどちらでも構いません。テレビの中の彼女のように自分では見えない部分がかなりあるはずだから。

 詰め込むだけではなく、いや、できるだけ詰め込まないように。受け取り手のイマジネーションを引き出す事ができるもの。しかも効果的に。
 俳句とはそういったものなのかもしれない。空白の中になにかを感じさせる。感じ取る。もっと快適ななにかを求めて。

 やはり年季の入ったミュージシャンのステージでは、無音の中に音以上のなにかがあるのを感じる。早弾きだけがギタリストのすべてではない。しかし、その無音も若かりし頃一所懸命に早弾きを練習し、たくさんの音楽を聴き、様々な人と出会い、とそうした生き方をしてきたその人の音を凝縮した結果なのだろう。一朝一夕で手に入れることは出来ないもの。


♪My love she speaks like silence
 Without ideals or violence......♪
 僕が好きな曲。Bob Dylan
 - Love Minus Zero/No Limits -
 Dylan二十四歳の時の作品。

 今、彼の自叙伝を読んでいる。
[PR]
by seikiny1 | 2005-10-20 08:49 | 日ごろのこと
<< リップクリーム それぞれのスピード >>
記事ランキング 画像一覧