ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
性格バトン
 写真家のDEEPBLUE Ryuさんから今度は『性格バトン』なるものを受け取りました。まだ助走がついていないのにいきなり渡されました。なんだかバトンに中華模様が刻まれているようだけれど……。帰国そうそうご苦労様です

 性格は難しい。そういい方ではないと自分では思うし、人はそんなことはないと言ってくれる。自分にも、人にもそのすべてが見えるわけじゃなくまた日々変わっている部分もきっとあるだろう。
「性格は一生変わらない」、と言う人がいる。
「性格は変わっていくもんだ」、と言う人もいる。
「あいつの性格が変わっちまった」、と大騒ぎした事もある。
 全部ほんとだと思う。見方、感じ方でいかようにも受け取れる。算数じゃないんだから。

◇◇◇◇◇◇◇◇
Q1:『あなたは賑やかな人と大人しい人どっちですか?』
 おとなしい。
 かなりおとなしい方だと思う。無理してにぎやかになろうとした時期もあったけれど、しんどくなりやめた。流れに身を任せるうちにそうなっていくのならともかく、やっぱり無理はいけない。どっかがずれてしまい、ストレスがたまってしまう。それはいけない。しんどい。
 おとなしいということと向き合えればそれでいい。これもまた心地よい生きかたでかわいいもんだ。自分らしいとも思う。

Q2:『あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください』
1)楽天家
 とにかく「なんとかなる」という気持ちがいつも心のどこかにある。そして「なって」きている。それは幸運に恵まれているとか、怖いものがないとかそういったものではなくむしろその逆なのかもしれない。
「なんとかなっている」のではなくて、自分の中を無意識かに調整して「なんとかしている」と言ったほうが近いかもしれない。それを「なんとかなる」と思ってしまう僕はやはり楽天家なのかもしれない。「なんとかなる」、というのは意外とそういうものなのかもしれない。

2)完璧主義者⇔いい加減
 この相対する性格。しかし僕の中では表裏一体。自分の好きなもの、「ピンッ」ときた物には徹底的な完璧主義者の顔で望む。一方、興味のないものにはとてもいい加減。「こんないい加減な男が、この世にいるんだろうか?」と思うこともしばしば。しかし、この二つは切り離す事が出来ない。二人でひとり。それでなんとかバランスが取れている。どっちかひとつだったら?それはこわい。
 子供の頃、好きな本を何冊か丸暗記していた。そらで最初から最後まで音読していた。
 子供の頃、家庭科の宿題の手提げかばんを縫わずにボンドでひっつけて提出した(先生にはばれなかった、と思う)。
 子供の頃、寝癖が気になっていた。毎朝、鏡でその部分を切っていた。そのうち親と先生にばれた(あさはかな完璧主義と、いい加減さの同居)。

3)内気
 間違いなくそうだと思う。この歳になって言うのも変かもしれないけれど内気。そこには「これくらいわかってくれるだろう」、「わかってくれよ」といった甘えがきっとあるはずだ。そういったところは、そのうち直さなきゃな、とも思う。
 最初の一歩、それだけが大変で後はそうでもないのはわかっている。それでもなかなかできない時がある。だからこそ、その一歩を踏み出せる人には頭が下がる。
 女の子に「好きだ」、なんてそうそう言えるもんじゃない。過去に何度かあるけど、その時はそれこそ死ぬような決心をして臨んだことをよく憶えている。

4)爆発
 ごくまれに爆発する。手がつけられなくなってしまう。日頃「パンッ、パンッ」と鳴らない分、それがいい爆発であろうと、悪い爆発であろうととことん行ってしまう。
 しかし、いい爆発は必要であると思う。積み重ね、圧縮し火をつけてみる。持てる力以上のものが出る、これをもっと計画的に、効率よく使うことができればいいのだけれど。
 暴発は慎もうとは思っている。

5)like a rolling stone
 転がる石のように。
 そこに意思はないのかもしれないけれど、転がり続ける。止まってしまうと苔が生えてきてしまう。転がろうとは思わないけれど、転がり続ける石でいたい。ただ、転がり続けるだけではなく不必要な角を落とし、そんな中にもある面を鋭利なナイフのように研ぐのも忘れない。意思のある転がりはこの中に含まれない。
 砥石で研がれたナイフより、不恰好な石が好き。そう作り上げようと思って出来た形でない形。

 うーん、これは性格というよりも希望なのかな?

Q3:『好きな友達のタイプは?』
 『嫌いな友達のタイプ』ではない人。(誰でもそうだと思うけれど)基本的に「あいつはここが嫌いだから友達にしない」、とは思わない。友達の「ここが好き」、「ここが嫌い」、と思うだけ。好きで嫌いな友達もいる。

 しいてあげるならば、思いやりのある人。きれいな目と心を持つ人。場をわきまえて言動を取ることの出来る人。素直な人。豊かな感情を<秘めて>いる人。やたらと周りを<巻き込まない人……。

 さて、どこからが友達で、どこからがそうでないんだろう?
 線引きって結構嫌いなんです。引くのも、引かれるのも。

Q4:『嫌いな友達のタイプは?』
 わがままな人。自分の利得の事しか頭にない人。礼儀を知らない人。言葉遣いを知らない人。努力をしない人。自己顕示欲が強すぎる人。偉そうな人……(まだまだありそうだ)。
 「偉そうなやつ」ってのが一番嫌いかな。何がそんなに偉いの?

Q5:『立ち直りは早い方ですか?』
 結構引きずるけれど、ある場面までくると「いいや!」とひっくり返して吹っ切れてしまう。それでも完璧に忘れることはない。自分では立ち直っているつもりでも、周りから見ればボロボロなのかもしれない。それでもいいと思う。それもまた財産。

Q6:『恋人にしたいタイプは?』
 思いやりがあり、少しの言葉でもわかりあえる人。女性である事を忘れず、忘れさせず、感じさせてくれる人。

Q7:『恋人と一番の親友、選ぶならどっち?』
 恋人 
 残酷な質問ではある。

Q8:『バトンを廻す5人を選んでください』
@だいたい<こんな>性格だと想像はつくけれど、やっぱり知ってみたい yyuko55さん
@逆境に感謝しながら坂道で自転車をこいでいそうな suikayan さん
@「どうやったらあんなきれいなもん作れるんだろう?」、と一度は頭をかちわって見てみたい artigana-g さん
@under the bad moonのもとに生まれた(誕生日が同じだけです。他意ナシ) なんし~さん
@前からちょっと気になる存在で、これを機にその性格も知ってみたい endunham~さん

以上の皆さん。全く一方的で申し訳ないのですが<のんべぇバトン>受け取っていただけたら幸いです。


◇◇◇◇◇◇◇◇
 こうやって書いてみてもまったく自分の性格がわからない。
[PR]
by seikiny1 | 2005-10-13 08:15 | 日ごろのこと
<< 石畳職人 深夜のキャッチボール >>
記事ランキング 画像一覧