ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
チャリというかわいい名の皮をかぶった怪物
  チャイニーズ・レストランのデリバリー、オフィスへ書類を運ぶメッセンジャー、ここ十年程増えてきた趣味の人達など、アメリカで一番自転車が多い街はニューヨークだろう。
 そうは言っても、日本の地方都市の足元にすら及ばない。通勤、通学など個人の交通手段としてはあまり使われていない。以前はよく見かけていた地下鉄車両内へ自転車を持ち込む人も最近では珍しい。

 久しぶりに帰った日本は自転車国になっていた。そして、その量、マナーに度々閉口した。今、自転車は怪物になりつつあるのかもしれない。
 怪物は狭い歩道を前から後ろからやって来て僕の真横をかすめて行く。駅周辺や繁華街のかつて歩道と呼ばれていた場所に行儀悪く寝そべっている。そのくせ一台一台を注意して見てみると、鍵がかかっていなかったり、かごの中に忘れ物があったりと誠に日本らしい風景が見えたりもする。

 僕が通った小学校では自転車は免許制だった(仮免まであった)。四年生になると受験資格が出来る。筆記、実技そして車体検査の全てを通過しなければ自転車に乗ることは出来なかった。
 この怪物はもうすぐ手がつけられなくなりそうだ。実技はともかくとして、-法規とマナーの講習を受けた者のみ乗車可-という許可制などにしなければその暴走は止められないかもしれない。
 不法駐輪(放置自転車)という怪物に対しても、車と同じで全て登録制にする。
 上記二点をやった上で、違反者は積極的に取り締まり罰金徴収、違反車両には駐禁をバンバン貼り悪質なものは没収。その車両は払い下げて小腹を膨らませようなんて考えはやめ、違反車両をまとめて中国や東南アジアへ対してのODAの一貫として供給する。そうすれば無駄な税金を払うこともなくODAが宇宙船に化けることもなくなるだろう。新しい駐輪場は違反者から巻き上げた罰金でまかなえばいい。

 こんな荒技でも使わない限り、そうやすやすとこの怪物はおとなしくならないところまできている。

 日本人は<マジメ>な人種だ。ただ、結構ご都合主義なところもあって物事をいいように解釈してしまったり、「あいつがやるから俺もやる」的なところもある(自分自身も含めて)。そして<法>にはほとんどの人が従う。路上禁煙条例にしても、色々な論議は出たが条例が施行されたらほとんど全ての人が守っている。千代田区を歩いた時、「ここは日本か?」と思うほど誰もタバコを喫っていなかった。気付かずに喫っていると誰も注意こそしないが、なじるような目つきで通り過ぎるので、あまりの痛さにそこが千代田区であることに気付いたりもした。
 まだまだ民主主義や自治の歴史の浅い我々のDNAの奥深くには「オカミには従う」という言葉が埋め込まれたままなのだろう。法律は守る。
 昔聞いた話にこういうのがある。旧ソ連の高官が日本を訪れた際「アメリカにくれてやるんじゃなかった」、とつぶやいたそうだ。それは、共産国家にすれば素晴らしい国になるという言葉の裏返しだ。それほど我々は法(オカミ)に従順な民族なのだろう。

 長い目で見ていたって怪物はおとなしくならないと思う。どこかにホネのある政治家はいないものだろうか?いや、こちらの方が難しい問題かもしれない。

 怪獣だけやっつけても、卵は残る。「なんで怪獣が生まれたか?」という事を誰もが考えていかないと。

 自分の例ばかりなのだが、三十年前、僕の生まれた街の人口は十八万人だった。駐輪場もないのに自転車は散乱していなかった。現在それは十三万人となり、二階建ての駐輪場はあるが自転車はそこここにあふれている。何が起こったんだろう?
 町から旧財閥系の大企業が消え皆よその町に働きに行く。親達は、少しでも良かれ、と思い子供達を近場ではなく電車で一時間以上かかる都市部の学校へやる。むかし都会にいた人達ですら乱開発で住む場所がなくなり郊外への移転を余儀なくされる。そして企業だけが都市部に残る。そんな様々なことの鬼っ子の一人が、世間を騒がせている自転車問題なのだろう。あと一人の親がモラルの欠如。
 政治家、金持ち、教育者そして親たちは自転車問題で大騒ぎする前に、それこそ長い目で物を見て判断していかなければ第二、第三の怪獣が生まれてくる。臭いものにふたをするだけでは何の解決にもならない。

 そしてまた法制化。
 我々は頭を押さえつけられる。
 日本の民主主義(というものがあるならば)が潰えるのはそう遠い日ではないかもしれない。

 さぁ、自転車で出かけよう。


*1日々雑想:福岡自転車事情1というサイトに、法規上の自転車の位置が紹介されていたので付記致します。

*2日々雑想:自転車が溢れている理由にさらに突っ込んだ記事を書いてくださいましたのでフォローアップ致します。ー2004・12・21ー
[PR]
by seikiny1 | 2004-12-21 09:07 | 日本
<< 和洋 文化マッチ >>
記事ランキング 画像一覧