ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
二つ名
「どうも。はじめまして トミーです」
いまだになじめない。違和感どころじゃない。
というよりも神経を疑ってしまう。
そんじょそこらにの日本人が裸足で逃げ出してしまいそうなほど、
コテコテ日本人顔なのに、
こちらが日本人であり、日本語で話しているのにもかかわらず、
どこをどうしたら、
涼しい顔で自分のことをトミーなんて名乗れるんだろう。
きっと本名は富松あたり。

ニック、マイキー、アンディー、ジョージ、サム、ケリー、アレックス、ショーン……。
どれも日本人の名。
こちらで、俗に言われるところのアメリカン・ネーム。
人間性云々はさておき、
名前においては厚顔無恥という言葉しかでてこない。
ぼくの価値観というくくりではn。
もちろん価値観は無数にあり、
自在のはずはないのだが変貌をつづける。
ここの無恥が、
あそこでは無痴になり、
向こうの方では無知と呼ばれることなんてざら。

それにしても。
相手を英語名で呼ぶのはそれほどでもないが、
日本人の口で呼ばれるのはたまらない。
(もしぼくにアメリカン・ネームがあったとしても)
ポール君、ジョーさん、エディー氏はなんともないんだろうか?
それとも地下鉄ホームの小便臭と同じで、
慣れ、馴れ、狎れ、そしてズレてしまうのか?


もちろん無知ということもあっただろう。
それよりもズボラでいい加減なくせに、
少しだけバカ正直が同居している。
そんなところが理由。
もしぼくが逃亡者の身となり、
人ごみの中で「あ、境さん」と呼びかけられば、
「はい?」と立ち止まって振り返るだろう。
(あ、あいつ刑事じゃないかな……、といぶかしみながらも)
自分が正直者というのではなく、
缶詰を開ける音に反応してしまう猫と同じ世界で。


こんなことをはじめた頃はハンドルネームなんて言葉も知らず、
そんな予備知識もない。
「憶えやすいもの?名前だろう」
そんな公式でメールもブログのアカウント名もseikiというのが瞬時にはじき出された。
名前は使い出したときに生命が吹き込まれ歩き出す。
殺してしまうまで変えることはできない。
賢い人なら「あとひとつの人格で遊ぼう」。
リサーチをして別の名前をつけるんだろうが、
そんな智恵も回らない。


それにしてもネットで出会った人が実生活で対面した時というのはどうなんだろう?
相手を呼び、相手からも呼ばれる。
困らないのだろうか?
恥ずかしくならないのだろうか?

「あ。どうも。ファンキー・ママさんですか?
はじめましてodenwa rin linです」
……
「odenwa rin linさんまだ飲まれます?」
「はい」
「すいませんホッピー・セットふたつ!」
「えーと、黒は私で白はodenwa rin linさんにね」

60過ぎのハゲおやじと、生真面目そうなNTT元職員のこんな会話を聞いて、
居酒屋のアンチャン何考える?
聞かれてはずかしくないのだろうか?
走り出してしまいたくならないのか?

ぼくがプロレスラーだったら、
アントニオでも、ラッシャーでも、ストロングでも、ジャイアントでもいやだ。
たとえどんなに強くても、
どんなに弱くてもいやだ。

やくざ稼業でカマイタチの銀二とかモロッコの辰くらいだったら我慢できると。
金庫番の岩蔵なんかもいい。
間に「の」がはいるのはいいな。
妖怪でもアカナメならいいが、ビビビのねずみ男は「の」が入ってもいやだ。

似たような理由なのか。
自分でもわからない。
マイミクだとかメッセだとかトラバだとかが使えない。
横文字の新しい言葉短縮形というのが苦手。
口にすることはおろか、書くだけでも恥ずかしくなってしまう。

昭和のコタツ風景。
「あしたはデケンぞ。8時にアポのあるけん」
父の口からこぼれてきたアポという言葉にぼくは赤面していた。
昭和、コタツ、かごにはいったミカン、学生服、方言。
そこに<アポ>ときた……。


ああ、こんな度胸でこれから乗り切っていくことができるんだろうか?

それともアメリカン・ネームやハンドルネームという名で生きている人たちは、
完全なもう1人の自分になりきってそれを楽しんでいるのだろうか。
誰にも多重人格願望というのはあると聞くけれど。

デストロイヤーもミル・マスカラスも仮面ライダーもヤッタ-マンもあとひとつの自分を楽しんだんだろうか?


ぼくの名前はアメリカ人には憶えることはもとより、
発音することすらむずかしいらしく、
そんな人にはこう教えています。
「Say-Key」
簡単だし、自分の名前を呼ばれるのは憶えてもらえるのはやはりうれしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報
[PR]
by seikiny1 | 2010-05-05 08:33 | アメリカ
<< 立ちどまるな ふりむくな ペーパーウェイト >>
記事ランキング 画像一覧