ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
異景
「自信がない」というよりも「自分がわからない」。
電車の中でそんな思いに取りつかれた。

いつもより1分早く家を出る。
いつもよりひとつ早い電車はこみあっていた。
それでもぼくの座る向かい側には、
径2mほどの空白がある。
柄物の化繊混じりのセーターを頭の上まで引き上げたホームレスが眠っている。
サンダルばきの白い靴下が少し汚れている。

(やっぱり寒いんだろうか……)

隣に腰を下ろした野球帽の男は、
ウールコートの袖口が厚手のセーターのせいでモコモコしている。
駅から地上へ上がる階段で慌ててマフラーを巻く女。
フードをかぶって歩く人がいる。

そんな目でストリートを歩いていたせいもあるだろう、
なんだか黒っぽく映る街。
いつもより厚着をしている人が多いように思われる。

「いつも」はいったいいつなんだ?
昨日?
この1週間?
1年前?
平均的?
それでも冬の日々よりはあたたかい。
冬の日はいつもではないようだ。
黒いカバンをたすきがけにした男はストライプのシャツ1枚だけ。
Quicksilverの緑色ロゴがどんどん小さくなっていく。


どうやら寒いらしい。
少しだけわかってきた。
いつもはシャツ1枚で朝のタバコを楽しんでいる男も、
今朝はナイロンのジャンパーを着込んでいる。

今日は寒いんだ。
自身がもててきた。
ベンチに座っているといつの間にか肩に力が入っていて、
手がかじかんで小さな字をうまく書けない。


今日はいつもより寒いらしい。

いつも?
いつもってなんだ?
少なくとも昨朝より気温が落ちていることは体に刻まれた。
周囲を見渡す必要はなくなった。

時計に目を落とすといつよりは10分早い。
立ち上がって仕事場へと向かう。
今日、新装開店をする寿司屋のウィンドウが変っていた。

粗い織りをしたきなりの木綿が窓いっぱいに張られている。
縦横に走る魚ヘンの漢字たちは、
マンハッタンの街並みをあらわしているのか。
紙芝居のように画像を取り替えていく、
かたわらに置かれたモニターとのコントラストは、
この店の味に不安を抱かせる。

2年前のいつもはうまかった。
最近のいつもはたいしたことなかった。
装いを新たにし新しいいつもがはじまるのだろうか。


いつもと違うことには昨朝から気づいていた。
2日連続はいつもへの助走ということなのか。
仕事場の近所。
新聞の街頭売りが立つようになった。
どこか怯えたような共通の表情を持つ3人が、
10mずつほど離れて今日の新聞を胸にかかげる。
「こんな立ち方では効率が悪いのでは?
通り過ぎながら心配になっていた。
この光景もいつの間にかいつもとなってしまうのか。


いつも。
実に不安定だけど確実に存在をする。
日本で触れた様々な異景。
2週間プラスではいつもとなることはなかった。
いつもにはどれがけの時間と回数が必要なんだろう。
ぼくのいつも。
少なくとも今現在はこの街、ニューヨークにある。


電光掲示板を見上げると42度。
5.5℃。



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報
[PR]
by seikiny1 | 2010-04-29 10:43 | 日本とアメリカと
<< 割り切れない気持ち 自死 >>
記事ランキング 画像一覧