ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
話すベンザ
約束の時間にはまず遅れません。

と言うよりも、待ち合わせ場所付近にはかなり早い時間に現れています。
「余裕をもっておきたいから早めに……」
結果としてゆっくりしたいがために早足、
そんな本末転倒に苦笑してしまうことも。

鈍行電車の中、ニヤついているあの男はぼくかもしれませんよ。

約束に遅れることと、人生が2年短くなること。
ふたつからひとつを選べと言われたら、
迷うことなく後者を取ります。
これ、性分ですから仕方ないですね。


そんなわけで、家を出て
故郷である福岡県大牟田市まで要したのは26時間。


早めに着いたJFK空港ではあっという間に手続き終了。
思いっきりタバコを吸い、いくつかの関門を越え、
出発ゲート付近に着いたのは定刻2時間前。

「ここはどこなんだろう?」

フっ、とそんなことを考えていました。
物理的にはアメリカ領土なのですが、
すべての出国手続きはは終わっている。
帳面上、ぼくはどこの国にもいない。
ガラス1枚で仕切られた異空間。

アメリカのようでアメリカでないビルの中。
アメリカではないようでアメリカのビルの中。


よく晴れた冬のある日、
午前9時半の不思議な空間。
飛行機が見える窓際の席に座り、
春巻き、牛肉とブロッコリーの中華炒め、カリフォルニア・ロール
そんな朝食をとるカップルをボンヤリトと眺めていました。


到着ゲートから入国審査窓口までは遠かったです。
大牟田駅から新栄町駅までを歩いているような感覚。
成田・到着ターミナルでは日本を感じませんでした。
「着いた!」そんな実感がわきません。
ここもまた異空間。


この旅ではじめて日本を感じたのは羽田にて。
ウンコをするために腰を下ろした便座。
うっすらと伝わってくる温もりが、
「オカエリ」と身体に声をかけてくれたのです。

チャーシューと麒麟麦酒で乾杯をしました。
飛行機の時間まであと1時間半。




にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報
[PR]
by seikiny1 | 2010-03-11 17:01 | 日本とアメリカと
<< フタをする。される。人間魔法ビン。 拒絶の音。承諾の声。 >>
記事ランキング 画像一覧