ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
お会い
b0063957_84092.jpg


最近は色々な出会い方があるので、
一概に「お会い」と言うことはできないのですが、
少ないながらも交流の続く人とは感覚的には「お会い」です。

ただ、<会う>という感覚は少しずつ摩耗しているような。
「初めて<お会い>したような気がしませんね」と言葉を交わすのは、
いいこと?それとも悪いこと?


ひげフレディーさん。
初めて架空空間でお会いしたのは5年ほど前のこと。
当時は日記なんてつけてなかったので詳細日時は不明。
そんなひげフレさんが配信しておられる
Pod Cast Radio ”Fredio"
に出演させてもらいました。


b0063957_8415460.jpg



縁というのは本当に不思議です。
周りにいる人のすべてと、縁という糸でつながれています。
そのどの人とも、
「あの時、どこかの角を右に曲がってゴミ箱を覗き込まなかったら……」
出会えていない人しかいません。
それは親や兄弟もまた同じでしょう。

一昨日のこと。
約一月の間、頼まれ物をあちらこちらと歩き回りながら探していました。
もうほとんど諦めかけていたんです。
「ま、ここだって一度のぞいとかなきゃな……」
半分義務感のようなものに駆り立てられて入ったのは、
自宅から20mほどしか離れていない、とあるお店。
ありました。


先日はイベントの告知をさせて頂いたのですが、
絶対に結びつかないであろう何の関係もない友人同士が、
細いながらも同じ糸の両端を握っていたり。


今朝、久しぶりに通った路地。
道ばたに置かれていた数冊の本が気になって立ち止まる。
3冊あった本の中に、シカゴ美術館発行のシュールレアリズムの画集が。
それほど興味があるわけではないのですが、持ち帰ってみることに。
さて、ここからはどんな糸が伸びていくことでしょう。

このところ、様々な場面で縁というものを感じきます。
縁とは立ち止まってみること。


全く関係ありませんが、何度か形を変えたとはいえ、
手書き日記をつけだしていつの間にか2年経過。
このぼくがよく続いています。
[PR]
by seikiny1 | 2010-02-02 08:43 | 日ごろのこと
<< 鬼はどこ? 道 >>
記事ランキング 画像一覧