ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
ニューヨーク・ニューヨーク
 どうしておなかが減るんだろう?
 どうして腹が落ち着くと眠くなってしまうんだろう?
 気つくとソファーで眠ってしまっていた。フランク・シナトラの歌声『ニューヨーク・ニューヨーク』を遠くに聴きながら。そういえば、初めてのストーンズのコンサートでは、♪Start Me Up!!♪ミック・ジャガーのシャウト直前までこの曲が流れていた。

 テレビはまだNYCマラソンの実況をやっている。まだかすんでいる目にゴールラインを抜ける喜びと苦しみがミックスが映る。そんな顔の後ろで朗らかに唄うシナトラ。携帯電で話しながら、ipod nanoで自分の姿を撮りながら、国旗を打ち振りながら……。様々な人が思い思いのスタイルでゴールインし、大きな醤油せんべいのようなメダルをかけられていく。

 地下鉄を降り地上への階段を上るにつれ大きくなってくる歌声。59丁目と8番街の角に設けられた屋外ステージにはアレサ・フランクリン『Respect』を大きく前かがみになりながら黒人女性が熱唱している。♪Just a liittle bit. Just a little bit......♪ささやくようなバックコーラスを従えて。
 そう、ここからゴールまでは500m足らず。
「もうちょっと。あと少し……」
 歌の横を駆け抜けていく人たち。足を引きずりながら、5歳児の歩くよりな速度の人、車椅子のホイルを手で回し続ける人、ボランティア・ガイドに手をとられた盲目の人、後ろ向きに走り始める人もいれば、いきなりダッシュをきめはじめる人もいる……。ひと悶着の末、係員に排除された昨年のゼッケンをつけた女性がバツの悪そうな表情で脇道へと消えていった。
 Just a Little bit.
 それぞれのゴールを目指して。

 スポーツ観戦は嫌いで、ハロウィーン・パレードなんてまっぴらなぼくだけれど、NYCマラソンだけは別だ。この7年間、欠かすことなく早起きをして応援を続け、天候の危ぶまれた今年は前夜にテルテル坊主を作るほどだ。11月の第1日曜日は、自分の意思で人ごみに飛び込んでいく唯一の日だ。

 ゴールの方からはまたシナトラの甘い声が間延びしながら聞こえてくる。この歌を初めてこの国で聞いたのは砂漠の中だった。ニューヨークへ向かうバスの休憩で立ち寄ったドライブインの中、テーブルの上から流れていた。

 24年前の思い出に浸っているとどこか見覚えのある姿が通り抜けていく。
 昼飯の準備をし、食べ、昼寝の最中も走り続けていた彼女。1歩、1歩……。無数のカウントダウンを続けながら。道路脇にある「ゴールまで●×マイル」の表示は時に彼女を絶望の淵に追い込んだかもしれない。それでも数字は裏切ることなく減り続けてきた。
"Just a little bit!!"
10時過ぎにブルックリンの4番街を走るランナーの中で見かけた女性だった。
 どうして彼女を覚えていたのだろう? 
[PR]
by seikiny1 | 2009-11-08 04:21 | アメリカとの距離
<< 道化師という生き方 (1) アメリカン >>
記事ランキング 画像一覧