ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
ことばのられつ
 外へ出ると朝顔よりも落ち葉の方へ目が行くようになっている。見上げた青空はシャキッと緊張感に満ち、油断をすればポキッと折れてしまいそう。もう、夏のかけらすら見つからない。

 昨日初めて会った人は、僕がこの地を踏んだ前年に日本の北国で生まれたと言う。そういえば、今月の30日でアメリカ上陸24周年をむかえる。船とは違い飛行機だから下陸と言うべきだがそんな言葉はありゃしない。いや、船と呼ばれる大きさを持つものは、上ることよりも階段を下りることがほとんどだろう。もはや上陸という言葉の向こうには像が見えない。そうだ「下り立つ」という言葉があったな。でもこいつはちょっと使いにくい。下立なんて言葉を作ってみるが、どこか艶っぽい。
 久しぶりに耳にした「かっぱらい」。老人語という言葉を思い出していた。
 そう、言葉だって年をとり死んでいくんだ。人間の方は伸びているらしい寿命。一体どこまで行っちまうんだ。言葉の方、最近はどうなんだろう?
 
 テレビのニュース(フジサンケイ:在米日本人編集分)では酒井法子さんの保釈を冒頭で伝える。予想通り報道陣から飛ぶのは「酒井さん」。あの呼び捨てや断罪口調はどこへいったんだ?謝らせたくて、泣かせたくてしょうがないらしい。まるで小学校のいじめっ子だ
 2度のCMをはさんでやっと鳩山新政権樹立のニュース。放送局なんてその程度のものなんだろう。いやはや、日本人もなめられたもんだ。ニュースの優先順位ってなんだ?1989年、ストーンズがSteel WheelsTouでニューヨークを訪れた際New York Timesのどこにも記事がな見当たらなかったことを思い出す。そろそろ本を読む順番を変えようと思っている。自分の中の優先順位。
「参院選のこともあり……」
 と耳にし続けていた謎がやっと解けた。
「どうして連立政権にする必要性があるの?」
 どうやら政権公約を実現しなかった、できなかったときの逃げ道らしい。鳩山さんの語尾がプンプンにおう。先が思いやられるな。ま、政教分離がなったのはめでたいが。
 それにしてもマニュフェストという言葉も「なんだか」という感じで定着してしまったが、ぼくにはボカシとしか聞こえない。煙に巻く。言葉におそれいってしまう人、バカされてしまう人は結構いる。ハハーっとドロンは水戸黄門と風車の弥七以来変わらない。

「よく食べてここで成功する」
「筋肉痛を歓迎しなさい」
 電車で隣り合わせた日本人女性の読む本の小見出し。断片で目に入ってくる言葉は面白い。言葉とコトバの間でパズル遊び、ひとりつないでみたり。のぞき見をしてしまいごめんなさい。書籍や音楽がデジタルファイル化されてしまうと、人の家に遊びに行く楽しみが減る。蔵書やCDコレクションで結構その人のことがわかったりするから。百科事典や文学全集が応接間の飾りであった時代もあったな。今思えばなんだかほほえましい。ウチの父親は飲めもしないウヰスキーを飾ってたな。
 古本屋では不ぞろいな背表紙にそそられる。

 昨夜作ったチャーシュー。
 すぐに食べたかったけれどじっと我慢をする。ひと夜眠り呆けたチャーシューは旨い。
 今夜はラーメン。15年ぶりに再会した友達のお土産。「博多 秀ちゃんラーメン」。
 ビールだって一晩抜けばうまいのはわかってるんだけど、なかなか抜けない。思い切って二日酔いにでもなるかな。

 つれづれなるままでした。
[PR]
by seikiny1 | 2009-09-19 07:58 | 日ごろのこと
<< ふたつのおみやげ 「味がしない」存在感 >>
記事ランキング 画像一覧