ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
二人の女
 こころゆくまで踊らせてあげたい。また、再び。
 
 誰にも真似できない軽快なステップで踊る様を見つめ、感じていたい。
 久しぶりにトーシューズをはいた彼女は、ブランクをまったく感じさせない軽やかな出足でつかの間のダンス。忘れていたわけじゃない。いつも、あの子の手を握る前にも、いや踊っている最中にもその顔が、ステップが甦ってきていた。ただ、今はその魅力を最大限に引き出すことのできるステージが見つからない。
 時の流れ、嫉妬のかけらもないその笑顔安んずることなく、素晴らしい舞台、曲を見つけてあげたい。いや、見つけなければ。

 一方のオールド・レデイー。
 こいつはわがままで手がかかる。
 二日も顔を出さないと、すぐにふくれっ面で駄々をこねる。三日と開いてしまった日には、寝たふりをしているのかなかなか起き上がってはくれず、ベッドの上で優しく背をなでてみたり、揺すってみたり。
 起き上がってしばらくの間は、それこそ、バレエ教室に通い始めたばかりの三歳児そのものだけれど、こちらが真剣に相手をつとめていることがわかると、段々と本領を発揮してきてその独特のダンスは誰にも真似をすることができない。ヌルヌルとした艶やかなステップに恍惚の境地をさまよわせ、時の経つのを忘れてしまう。



 万年筆の話。

 3月に突然思い立ち、1冊のノートを書き始めた。
 日記でも、原稿でも、メモでもない。たったひとつの目的のために。
 厚みのある小ぶりなノートであったために、細かい文字を書くことのできる廉価な万年筆を1本購入。その1本が値段以上の働きをしてくれ、ノートの方も先ごろ無事に最終ページ、最終行を埋めることができた。
 忘れていたわけではないけれど、10日程を開いていないキャップを取り書き出してみると……。つい先ほどまで書いていたかのような感触で紙の上を流れてゆく。
 
 あと1本。
 こちらは中字のもので、もう1年以上使っているもの。
 怠惰な週末の後、月曜日朝にキャップを取ってみると。
「カリッ」
 ペン先のインクが乾いている。ゴミ箱の中で振り、少しインクの出たことを確かめた後におそるおそる紙の上を滑らせるとインクの細い流れが起こる。そうしているうちに、かすれながらも、少しずつ、少しずつ本来の書き味が戻り20文字ほども書く頃には、他のものを忘れ去ってしまうかのような感触が戻ってくる。ワルツを踊る妖艶な女性のようで、こちらが足を踏んづけてしまっても、ニコリと笑いうまい具合にそれにあわせカバーをしてくれる。

 2本の万年筆の間で揺れながら、モテル男の心情をを疑似体験。
[PR]
by seikiny1 | 2009-07-31 08:21 | 日ごろのこと
<< フルムーンギャザリング2009 Sのあるなし >>
記事ランキング 画像一覧