ニューヨーク、街と人、そして……
by seikiny1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お願い
当サイト・メインコンテンツ内にある全ての著作権は筆者に帰属いたします。無断転載及び流用は固くお断りいたします(トラックバックに関しましてはこの限りではありません)。
以前の記事
カテゴリ
サービス
 NYを出る前から、国内乗り継ぎ便の航空券に問題があることはわかっていた。高速バスで成田→羽田と移動後すぐに航空会社のサービスカウンターへ。衝撃的なことはそこで起こった。カウンター内の女性が笑っている。しかも常に笑顔を絶やさずに仕事をさばいていく。10年弱も日本のサービスというものに接していなかった僕にとってはこれだけで大事件だ。そして疎漏の無い仕事内容。一種の感激の余韻を引きずりながら国内線に搭乗した。
 そもそも<サービス業>とは、ある意味全く生産性の無い業種(失礼な言い方かもしれないが、時代が時代なら無いなら無いで何とかなるものかもしれない。まぁ、文明がここまで進化してしまった現代ではそれでも必要不可欠ではあるけれども)で、接客、物流から風俗までこれほど多岐にわたる業務を抱えている職のジャンルは無いだろう。また、サービス業に対する企業の認識と、その現場に立つ人の職業意識は日米でかなりの格差があるように感じる。
 ファースト・フードを例に取ると、アメリカでは接客カウンターに立つ人はまずその地域の最低賃金で働いていると思って間違いない。それ故かどうか、接客もぞんざいで笑うことで損をするかのような印象を受け、その仕事内容も遅々として進まず結果として長蛇の列を作ってしまうことも珍しくない。アメリカでは人気があるから列ができるとは限らない。一方日本ではどこへ行っても、明るい笑顔、はきはきとした対応、清潔な店内(この辺はそれをマニュアル化した日本マクドナルドの創業者、藤田田氏の功績もあるかもしれない)……。サービスは企業やお店のイメージを作る大切な手段である、という企業の認識をかいま見ることができる。現場の意識や給与体系までは僕にはわからないが。とにかくサービスというものはこと日本国内ではとても重要な商品として扱われている、と今回の帰国で感じた。たしかに、愛想の悪い店なんか僕個人としては二度と足を向けたくなくなってしまう。日本人の感じ方とはそういうものなのだろう。日本人に限らず世界共通だと思うのだけれど。
 「もし」アメリカで<チップ制度>(慣習?)がなくなってしまったらどういうことになるのだろう?考えるだけで空恐ろしい。ある意味、文字通り現金な人が多く感じられるこの国で、そのサービスに対し授受する現金が消えてしまったら。そこには無味乾燥な、人と人との触れあいとすら呼べないやり取りのみが存在するのだろうか?アメリカ人のDNAには生まれながらにして三波はるお氏のフレーズ「お客様は神様です」というものが、植え付けられているのかもしれない。その現金の有無による変貌を何度目撃したことか。アメリカ人が僕を見るとき、背中の後ろの(僕にとってはあるはずもない)<お金>を見ている事を感じることがよくある。いまだに、日本人=お金持ちという公式の修正が出来ていないらしいのだ。
[PR]
by seikiny1 | 2004-11-21 21:17 | 日本とアメリカと
<< たばこ今昔 公衆電話 >>
記事ランキング 画像一覧